スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






開花丼とか | ぐだぐだパート2

今日のランチ、とある官公庁に行ったのですがそこで【開花丼】なるものを発見しました。

まあ、簡単に言えばすき焼き丼(明治の文明開化的な感じ)みたいなものです。

んで、そこにコメントが書いてあったのですが、、

【牛肉をたまごで閉じました】っっと、、、、、、開花丼なのに。。

 


それから、新年明けましておめでとうございます
*^ ^*
  generated by feedpath Rabbit
スポンサーサイト
【2008/04/08 11:28】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






久しぶりとかブンブクとか、あと少し自転車とか | ぐだぐだパート2
久しぶりですね。
最近?と書き込みしてませんでしたが、、

◆変った名前の生き物、、うにの仲間らしいのですが。。。
ヨーロッパタヌキブンブク;
たぬき

たぬきとかブンブクとか、、なんか茶釜っぽいですね、笑。

◆僕も自転車買いました!
自転車通勤にチャレンジしようかと、あはは。

じて

今日、買った店から家まで走ったのですが、かなり疲れましたよ~
今、脚がガクガクで生まれたての子じかみたいになってます♪
通勤距離はもっと長いですが、、、ちょっとづつがんばってみようかと思ってます。
でもさすがに、走ってる時はなかなか爽快でやっぱり楽しかったな!
ボチボチがんばろうっーと。


久しぶりの書き込みなのにゆる~くて申し訳ないですが。。
では。
  generated by feedpath Rabbit
【2007/09/09 22:18】   トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






膨張する時間たちとか、あとちょっとマグカップとか | ぐだぐだパート2

でも、忙しいからとっいって気持ちばかりが焦ると逆に時間が過ぎるのが早くなり、しかもやるべきことができなかったりする。
んで、またあせる。
忙しい時こそ心を落ち着かせ、間延びする刹那な時間の流れをねじ伏せる。

昔から時間にメリハリをつけたいと思うことが多かった。
かといって、やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ、、、、みたいな、ドラマに出てきそうなできる男風、なのはあんまり好きじゃないね。、、なんか不自然だし、、型にはまったイメージに自分を合わせていくのには抵抗がある。もともと天邪鬼なところがあるので、『自分が考える自分、以外の自分』、、になりたいと思ったりするから。
自分はこうなりたい、と思うのは大事だと思う反面、、予想外の自分のための余白は絶えず残しておきたい、、と。
もっと自然にやりたい、、仕事も遊びもヒトくくりにして自然に振舞いたいですね。

仕事とかに集中している時間は、全体としてはあっという間に過ぎてしまうのだけど、取り組んでいる瞬間は時間が止まっているように感じたりすることがある。、、気がつくと、あっ、もうっこんな時間??って具合にね。そんなときは、心地いい疲労感が体の芯に残って気持ちよかったりね。

◆ところで、私は仕事中、良くコーヒーを飲みます。
あついコーヒー。
んで、仕事に集中してる時は、折角、熱いコーヒーを淹れても、
仕事に集中している間に冷めちゃう。
でもって、仕事とかに集中していると、時間の感覚がなくなるので、
熱いコーヒーのつもりでぐびっと飲んだのに、もうさめてるので、
マズー
マズー

となる。
んで、またコーヒーを淹れなおす。
んで、また冷える。
んで、またコーヒーを淹れなおす。
んで、たくさんお湯を使う。
んで、たくさんお湯を沸かす。
んで、たくさんお湯を沸かすために電力大量消費。
んで、発電所でたくさん発電。
んで、火力発電で二酸化炭素たくさん出る(って本当はあんまりでないのかな??)。
んで、地球温暖化!!

やっやばい。。。

ってことで、保温性のよいマグ、サーモマグ買いました!!!

lll


『できる男』は環境にも優しくないとといけないので、、、(笑)

でも、気に入ったのを探すのはなかなか難しいですね。。
あまり気の利いたのがないし。
基本的には取っ手がなくて手になじむもの、
モノとしての重量感、存在感(といってもデコラティブなのはイヤ)があるモノがいいんですがね。


◆まったくもってとりためないです。
しかもオチもなし(´ー`)

  generated by feedpath
【2007/01/29 01:04】   トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






久しぶりの書込みですね、、とか | ぐだぐだパート2

1月以上ぶりの書き込み。。

この1ヵ月、仕事が忙しかったり、ゆっくり週末を過ごしたりとかで
随分といろいろあった(充実した)1ヵ月でした。

ラフマニノフについて以前書きましたが、
そのラフマニノフに興味を持つきっかけになった映画のサントラを聞いたので
久しぶりにその映画「シャイン」をみました。で、ラフマニノフも色々聞いてみた。

音楽って不思議ですね。
おんなじ楽譜なのに弾く人が違うとここまで違うとは。

それとおんなじで、同じ景色を見ても、見る人によって違うし、
誰かと一緒にみたりするともっと違ったりする(ちょっと違うか。。)。

とりとめがないけどそんな感じの今日この頃、、
要するに忙しいけど結構たのしいってこと(´ー`)

※ラフマニノフは、ピアニストのなかでも巨大な手の持ち主で、12度の音程を左手で押さえることができたと言われている。言い換えると、左の小指でドの音を押しながら、親指で1オクターブ半上のソの音を鳴らすことができた。このような演奏が可能だったのは,マルファン症候群という疾患のためといわれている。

  generated by feedpath
【2006/10/09 21:46】   トラックバック(0) | コメント(2) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






場当たりてきに映画、、とか | ぐだぐだパート2
ときどき、場当たりてきに映画を見たりします。
映画館だったり、レンタルDVDだったりで。

で、僕は大体‘この映画が見たい’って感じで見ることは少なくて、
お気に入りの映画館の近くに行った時に、なんか面白そうなのやってるかな~って感じで。
レンタルDVDを借りる時も、あんまりメジャーじゃなく、
知ってる人がほとんど出てないような映画を借りたりします。
パッケージの裏の解説とかもできるだけ見ないようにします。

で、できるだけシンプルに、
例えば‘題名に魅かれた’とか
    ‘パッケージがかっこいい’とか、インスピレーションで借りたりします。
そっちの方が先入観がない分、思わぬ出会いがあったりして楽しかったり、自分だけのお気に入りが見つかったりします。もちろん、全くつーまらん時もありますが。

んで、時々こんなこともあります。
映画もエンディングに近づいた頃、、、
・・・・
・・・・
・・・・あっコレ見たことある。。。

みたいな、笑

老いのせいか??
でも先入観なし・インスピレーションで選んだつもりが、
結局、好みは偏ってたりして
同じようなものが好きだったり、気になったり、惹かれたりするのかな??
っていうか、惹かれるものには、自分の中の何かと
通じるようなにおいや哲学があるのかな??



  generated by feedpath
【2006/08/24 21:45】   トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






のどもと過ぎれば、、とか | ぐだぐだパート2
なかにし礼の自伝的小説、『兄弟』

あらすじはこんな感じ;
『「兄さん、死んでくれてありがとう」十六年間絶縁状態だった兄の死を聞いた弟の胸裡に、破滅的な生涯を送ったその姿が甦る。敗戦後、特攻隊から復員した兄は博打と女に溺れ、一攫千金を狙ってさまざまな事業に手を出しては失敗を繰り返す。作詞家として成功しながら、巨額の借金を肩代わりし続ける弟。破天荒な兄に翻弄され、苦闘を強いられた弟の愛憎と葛藤を描く、衝撃の自伝小説。

この小説について著者がこんなことをいっていた。
つまり、兄には滅茶苦茶に振り回されて借金も肩代わりして、
とにかくにくかった。で、その兄が死んだ時にはとにかくほっとした。
で、こう思った。

時間の経過は思い出を美化する。
あいつはやなヤツだったけど今思おうといいとこもあったよなあ、って具合に。

だから、その憎しみを忘れないためにこの『兄弟』という小説を
兄の死後一気に書き上げたそうです。

でもその結果、憎しみの向こうに兄を許すことができたそうです、、本当の意味で。
憎しみを洗練させることで兄の行動を本当の意味で理解できた。

憎しみ、という後ろ向きで、できれば他人に見せたくない感情から逃げずに立ち向かった結果オリジナリティらしきものをかくとくできたのだろうか、、と思ったり思わなかったり。

つづく、、、(と思う。。。)


  generated by feedpath
【2006/08/17 00:30】   トラックバック(0) | コメント(2) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






お茶を濁すとか | ぐだぐだパート2
最近、書きたいことが多いんですが、仕事が忙しいこともあってどれもまだまとまっていないので、今日は友達のブログにあったちょっとおもしろいものを紹介してお茶を濁します。

ちょっとした錯覚を使ったものです。脳の刺激になると思いますよ。

まずは下の解説を読んで下記サイトへ。

 

Big Spanish Castle

 

画像の上にマウスを移動させます。すると白黒の画像が出てきます。色は付いていません。次に、画像の上からマウスを移動させ、色の付いた画像を30秒間見つめます。中央の黒い点を凝視するのが有効。それから再度、画像の上にマウスを移動させてみると、白黒だったはずの写真に色が付きます。それも、完全なカラー写真になります。




脳の不思議ですな。
実際、脳の機能のうち普段から顕在意識として使用している割合は3%程度らしいですし、
潜在意識(まだみぬ能力)が大部分を占めている。

以下、覚書(これから書こうとしているものを徒然に)

・錯覚つながりで脳がする‘誤解’について、
 それとは別に、‘人生は誤解(と失望)の連続’であることについて
 (映画;ブロークンフラワー(ズ) を少し絡めて)

・‘独身者の機械’の由来とマルセル・デュシャンの‘大ガラス’について
  あと少しだけ20世紀建築とコルビュジエも

・オリジナリティとアイデンティティについて

・ラべンダーと子供の頃の記憶、今の嗜好について

・ラフマニノフが如何にすばらしいかについて

・etc

※今、過去の日記を読み返してだいぶ前に‘これから書こうとしているもの’を覚書しているエントリがあったんですが、1つとして書いてないです、、(;´д` )


  generated by feedpath
【2006/08/12 00:09】   トラックバック(0) | コメント(6) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。