スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






週末のおさらい | ぐだぐだとか
・週末は友達の結婚式で大阪へ。
卒業以来久しぶりに会うやつもちらほら。
他にも後輩やいろんな人たちに会ってきてなかなか楽しかった。
・そんな中に今、フィリピンのマニラで働いてるやつがいるんだけど
、なんでも部下が100人いたり、メイドさんがいたりとかでなかなかおもろそう。
・そいつは久しぶりの帰国ということで先週頭に帰ってきてたんだけど、そこに金曜日からマニラの厳戒態勢。今日帰れ予定みたいだけどかえれたのだろうか。

・大阪はいつも飛行機で。帰りは、東京に発達した低気圧があってめっっちゃゆれた。。しかし、乗っちゃってから言うなっての。めちゃ怖かった。
・昔は台風の時に乗っても怖いと思ったことは無かったんだが。。。最近はなんか妙に想像力がたくましくなっちゃって・・・最悪の事態のイメージがやたら出てきて・・・・・(・∀・)コワイノイクナイ!!


スポンサーサイト
【2006/02/28 00:40】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






四国はどこまで入れ換え可能か』佐藤 雅彦  ★★☆☆☆ | 映画・小説レビューとか
『内容(「BOOK」データベースより)
「四国を入れ換える」とは、いったいどういうことなのか??Let’s錯覚!とは?田中一郎って??―意表を衝く発想を独特のタッチで長閑に描く、マンガの枠に載せた新しい笑いの実験本。「ミニ象」や「忍者ちび丸」でほのぼのさせたかと思いきや、錯視図形・電気回路で急転ハッとさせる、破天荒かつインタレストな、油断のならないショート・コミック集。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
佐藤 雅彦
1954(昭和29)年静岡県生れ。東京大学教育学部卒。電通クリエイティブ局などを経て、’94(平成6)年企画事務所TOPICS設立。’99年より慶應義塾大学教授。CMプランナーとして、数々のヒットCMを制作。慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の活動として、NHK教育番組『ピタゴラスイッチ』や『日本のスイッチ』(毎日新聞社)の企画・制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 』


■おもなCM作品
ドンタコス、スコーン、ポリンキー(湖池屋)
バザールでござーる(NEC)
カローラII(トヨタ)
モルツ、ピコー(サントリー)
くまのバンクー(三井住友銀行)
■おもな書籍
佐藤雅彦全仕事(ISBN:4944079079)1996年
クリック(ISBN:4062089062)1998年
プチ哲学(ISBN:483871226X)2000年
経済ってそういうことだったのか会議(竹中平蔵との共著:ISBN:ISBN:4532148243、文庫版ISBN:4532191424)2000年
動け演算?16 flipbooks(ISBN:4924956775)2000年
ねっとのおやつ(ISBN:4838713509、CD-ROM版ASIN:4838713517)2002年
任意の点P(ISBN:456850256X)2003年
毎月新聞(ISBN:4620316180)2003年
日本のスイッチ(慶應義塾大学佐藤雅彦研究室・著:ISBN:4620316768)
■そのほか
I.Q.(ゲーム、ASIN:B00005OV6H※←I.Q.FINAL)
Kino(映画、ASIN:B00005G6C6)
だんご3兄弟(ASIN:B00000JD0Z)
だんご3兄弟あっという間劇場(DVD:ASIN:B00008BDJ3)
日本のスイッチ(iモード/毎日新聞)
うごく-ID(iモード)
テトペッテンソン(みんなのうた、ASIN:B00009NK5X)

honn


◆以前、so-netにてショートアニメとしてねっと配信されていた「ねっとのおやつ」が書籍・CD ROM等で販売になり、さらに改題されて、再出版されたもの。
◆4コマ漫画ならぬ数コマ漫画。
「ゆるくてかわいいもの」を集めた漫画だと解釈されがちですが、ほんの少しだけ他とは違うセンスの香りがします。
なんとなく買ってしまい、5分で読み終わる。でもまあ、そんなに悪い気分にならなかった。
例えば、こんな感じのヤツがのってます↓(ミニ像)


※まあ1コマぐらいのせてもカマ湾だろう・・・









zou

【2006/02/22 22:23】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






フォークロアとか | 外部記憶(雑学など)とか
フォークロアついて書こうと思ってるんですが時間が無いのでまた今度・・・
少し前に話題になったモナー(下図参照)vsあべっ○す関連で、知財のネガティブな効力に関する話題です。wipo発の要件とかもあるけど、気が向いたら整理します。(本件におけるあてはめとか。まあ、自分的に消化しちゃったのでモチベーションヒクス・・・)。

一応定義;folklore フォークロアは、古くから民族に伝承されたものの総称で、民俗学の意味。民族衣装として使われている。1960年代にフォークロアファッションが流行した。音楽のフォーク (folk) ソングも民族音楽から派生した。




  ワケ     ワカ      ラン     ワケ       デモ     ナイ♪
  ∧_∧   ∧_∧    ∧_∧   ∧_∧     ∧_∧    (⌒)(⌒)
 ( ´∀`)  ( ´∀`)   ( ´∀`)  (  ´∀)    (∀`  ) 彡│ || |
⊂ ⊂  )  ( U  つ  ⊂__へ つ  ( ○  つ   ⊂ ○ )   (∧_∧⊃
 < < <    ) ) )     (_)|   \\ \   / //    ( ´∀`)
 (_(_)  (__)_)    彡(__)   (_(__)  (_(_)     ∪




           +
        +         +     +
    +     
         /△\  +.  ∧_∧アハハハ  +
ジンセイカエセヨー( ´∀`)    (´∀` )
        (∪ ∪     (つ  つ
.     +   ) /      ( ヽノ        +
        ν′       し(_)
【2006/02/17 01:22】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






テンプレ変えてみた | ぐだぐだとか
カウンターのあたりがおかしい事には気づいてます・・・
問題解消できなければ→もとさやor放置します・・・
【2006/02/09 01:12】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






オモロイニュースとか | ぐだぐだとか
『ジーコに落とし穴…米入国に神様パス通じず』(2006年2月6日(月) 17時1分 夕刊フジ)

概略は;
「9・11」の同時多発テロ以来、米国の入国がとにかく厳しく、知名度抜群のジーコ監督も、サッカー発展途上国の米国ではただの52歳のオジサン。以前、周到な身体検査を受けたジーコはキレて「2度と米国経由は使わない」、と。
 で今回の遠征、ジーコjapanは米国の入国審査官に対してカナ~リ怪しい「要注意集団」に映る可能性があり、想定外のトラブルもあるかも、、、っと。なんでかっていうと;

①日本代表選手のほとんどが遠征で日本と中東を何度も往復している。
②そろいのスーツに、新調したブルーのネクタイを締めた30人を超える団体
③W杯最終予選で日本・中東間を3往復しており、
④パスポートはスタンプでいっぱい。


ちょっと笑ったwww

tikurinn-02


 ちなみに、ジーコジャパンの海外遠征は通常、釜本邦茂団長ただ1人が帯同するらしいが、田嶋幸三技術委員長がサブとして付き添っているらしい。
 なんか問題が起きた時に、いかつい釜本が出てきたら余計にややこしくなりなりそうだもんね、、、さらに笑ったwww
【2006/02/06 22:54】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






e-taxとか世界の工場とか | 外部記憶(雑学など)とか
◆今年からイータックスを利用して確定申告ができるようになったそうです。便利になったものですね。
http://www.nta.go.jp/e-tax/01.htm
kyoto


◆ミヒャエル・ウルフという写真家が撮った"世界の工場、中国"というサイト。
中国の工場の現実。
http://www.photomichaelwolf.com/factories_in_china/index.html









【2006/02/04 17:42】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






結局買っちゃった、とか | 映画・小説レビューとか
ウェイキングライフのDVDを、、、渋ツタで。
以前から探してたんだがなかなか見つからなかったので、めんどくさいけど渋々渋谷まで行ってご購入。

久しぶりに見たけどやっぱり面白かった、、、マニアックなとこが。
『ビフォア・サンライズ』&『ビフォア・サンセット』の監督の作品。
【ウェイキングライフ】は、ビフォア・・・を見る前に映画館で見たんですが、実は【ウェイキングライフ】にはビフォア・・・後のデルピー&イーサンを思わせる設定のシーンがある(fig参照)。
 で、ビフォア・・・もついこの間みたあとに、【ウェイキングライフ】をもう一度見てみると感慨もひとしお。

 っことで割りとおすすめです、、、あくまでも割りと・・・

i-sann


◆ウェイキングライフについての過去のエントリのリンク→【①】【②】
◆『ビフォア・サンライズ』&『ビフォア・サンセット』のエントリのリンク→【③】

【2006/02/01 21:55】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






蕎麦とか朴念仁とか、あと少しだけfeedpathとか | ぐだぐだとか
◆夕食は近所の蕎麦屋さんですませた。
なんでも蕎麦通の間でも名の通っている「朴念仁」というところで修行したそうで、なかなかの硬派な蕎麦屋。どちらかというと蕎麦を肴に一杯やる、って感じの雰囲気のいいお店。

 で、蕎麦屋はせいろで見てやろう、なんて通ぶって一応せいろをたのむ。蕎麦が来るまでメニューなどをしげしげと眺めていると;

『たけのこご飯と
      ふぐ鍋
       カニサラダ
             の後で
 せいろ(1,200円)
  又は
 かけそば(1,300円)       』

の文字。

ナニコレ!?

 たけのこご飯+ふぐ鍋+カニサラダ+せいろ(ミニ)で1,200円って安すぎ!!通ぶったばかりにメニューも見ずに見せに入るなり「おじさん、せいろ一枚!!」なんて威勢よく頼んでしまって、いまさら取り消しする勇気もでず・・涙目。まあ、今度試してみよう。

 で、肝心のお味の方だが、久しぶりに旨い蕎麦くったって感じ。香り・蕎麦の風味・はごたえ等申し分なく、十分に満足できた。贔屓になるか・・・

※昨日書いたfeedpathですが、少しいじってみたが結構面白い。まあ、プロトタイプってことでインターフェイス・速度などストレスを感じる部分も多々あったが(アクセス障害も起こってたみたい)がweb2.0の可能性を感じる。
 特にタグ(まあ、付箋みたいなもの、と簡単に考えておこう)の使い方が面白そう。今はまだfeedpathにおけるfeedソースの量が少ないのと、タグを使っている人が少ないことで蓄積量が少ないがこれから十分に期待できそう。フラットな情報のマトリクスに飛び込む感覚で、個人の嗜好(に基づいたタグ)に応じて変動する世界のメタファーとも。個別の世界(嗜好)が構築される。でもって、個別の世界(嗜好)と他の個別の世界(嗜好)の複合とが有機的に連鎖していく感じ。
 また、詳しく書こうと思いますが、個一時間、もて遊べば大体わかるので、とりあえず試してみると面白いよ。

【2006/02/01 01:07】   トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。