スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






コワレタとか | ぐだぐだとか
PCが壊れたっぽいです。。
どうしようかなあ。
めんどくさいなあ。。
macかwinか。
新品か中古か。
それが問題だ、、と。

スポンサーサイト
【2009/07/04 20:55】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






Q1とか | ぐだぐだとか
Q1『人生で一番大切なものは何ですか?』

→難しい質問ですね、、、例えば、家族とか恋人とか。
そういうのを全部ひっくるめて、
空や海や月をゆっくりと眺める時間かな、^^
、、と。。
【2009/07/03 01:27】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






囚人のジレンマとか | ぐだぐだとか

『目的を持つ複数の主体が、一定の制約条件下で戦略を持ちそれぞれの目的達成に向けて行動する状況での、個々の主体や集団としての振る舞いについて研究する学問である。』ウィキペディアより

数年前にノーベル経済学賞かなにかで話題になった『ゲーム理論』。
経済学、経営学、心理学、社会学、政治学など文科系学問への応用も多く見られ、特に経済学において大きな成功をおさめている、だそうです。


でそのなかの、『囚人のジレンマは、ゲーム理論や経済学において、個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならない状況の例としてよく挙げられる問題。非ゼロ和ゲームの代表例でもある。この問題自体はモデル的であるが、実社会でもこれと似たような状況(値下げ競争、環境保護など)は頻繁に出現する。』;ウィキペディアより

だそうです、、と。

二人の囚人A、Bは互いに協調(=黙秘)しあったほうが得であるにもかかわらず、互いに裏切り(=自白)あって10年の刑を受ける事になる、、というお話。
合理的な各個人が自分にとって「最適な選択」(裏切り)をすることと、全体として「最適な選択」をすることが同時に達成できないことがジレンマと言われる所以である、だそうです。

なんだか面白そうですね。。
まあちょっと覚書です。。


【2009/07/01 23:16】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






長い小説とか | ぐだぐだとか
『小説は長ければ長いほどよい』、と言った小説家がいます。

今読んでいる『カラマーゾフの兄弟』も長いですし(いまだに完読したことありませんが、、現在5回目のチャレンジ中。。)、今話題の『1Q84』も確かに長い小説ですね。

いつもそうなのですが、物語の結末(あるいはストーリの展開)というものにはどうにも興味が惹かれません。どちらかというと、物語が盛り上がってくると徐々に興ざめしてきたりします。
上下巻ある小説は大概、上巻が好きです。

ただ、プロセスやカタストロフィーに至る過程がすき、、という単純なことでもありません。
心地よい小説を読むと、その物語の雰囲気に浸り続けていたいと思うからかな?
あるいは、物語の予感、、のようなものがすきなのかな?
むしろ、フラットなor時間軸の無いor変動しないor終わり無き日常のような、、、
世界観がすきなのかな??
(、、なかなかうまく表現できません。)

始まりはあって終わりの無い小説、、読んでみたいですね。。
もしそういう小説があったらの話ですが^^;

そういば、この間、自転車で帰宅中にぼっーーしながら考えたことなのですが、人間(擬人化された人間も含む)が出てこない小説というのはあるのでしょうか?

もちろん、人間が書いてるわけですから、厳密に人間的なものをすべて排除することはできないでしょうが。

そんな小説があったら一度読んでみたいですね。
きっとつまらないでしょうが、、と。

・・・・などと、、そういうことをつらつらと。。
【2009/07/01 00:31】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。