スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






「グーグルゾン」 | 外部記憶(雑学など)とか
「グーグルゾン」;昨秋、ネットで広まった米国メディアの将来を予測する短編映像「EPIC2014」に登場する架空の企業。この映像作品は、グーグルなどの新興ネット企業がニューヨーク・タイムズ等をネット事業撤退に追い込むという10年後の「業界地図」をシニカルに描く。ここでのターゲットは、「ニューヨーク・タイムズ」であったが、民放各局が買収に対して戦々恐々となっている現在においてどんな意味を持つのか?
 当初は、笑い話の1つとして取り上げられる程度であったらしいが、グーグルが5月に「パーソナライズ・ユア・グーグル・ホームページ」というサービスを公開したことでにわかに注目されだしたようだ。日経なんちゃら、とかNRIなんかでも一席ぶたれているようです。

以下;

【http://blog.digi-squad.com/archives/000726.html】

に記載の「EPIC 2014」日本語訳から適宜抜粋して参照しております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
最良の、そして最悪の時代。
2014年、人々は前世紀には考えられなかったほどの膨大な情報にアクセスできるようになる。
誰もが、何らかの形で貢献をする。
全員が刻々と変化する生きたメディア空間に参加するのだ。しかし、マスコミは姿を消してしまった。”第四の権力”は衰退する運命にあり、20世紀的なニュース機関は結果的にはそれほど遠くない過去の残留物となった。

 2014年への道は、20世紀半ばにさかのぼる。

◆1989年
ティム・バーナーズ-リー、ワールドワイドウェブ(WWW)を考案。

◆1994年
アマゾン・コムが設立。若き創設者の夢は、すべてを売ること。

◆ 1998年
2人のスタンフォードのプログラマーがグーグルを生み出した。リンクをレコメンデーションとして捉える。

◆1999年
TiV;テレビを時間帯とコマーシャルの束縛から解放。
パイラ・ラボ;個人の情報発信ツール「ブロガー」を発表。

◆ 2002年
フレンドスター;個人の生活や趣味、また人間関係に関する驚くほど詳細な情報を共有。
グーグル;「グーグルニュース」を開設。ニュース機関は反則だと叫んだ。

◆ 2003年
グーグル;ブロガーを買収。グーグルの計画は謎だったが、彼らがブロガーに興味を持ったのには理由がある。
 2003年は、ブログの年である。

◆2004年
すべてが始まった年として記憶に残る。
「リーズン・マガジン」誌;各人の好みにカスタマイズされた内容を掲載した号を発行。
ソニー、フィリップス;世界初の大量生産向け電子ペーパーを発表。
グーグル;各ユーザーに1GBの無料スペースを提供する「Gメール」を発表。
マイクロソフト;カスタマイズ可能なニュース・ポータル「ニュースボット」を発表。
アマゾン;グーグルの技術をもとに構築し、アマゾンのレコメンデーション・システムとも統合した検索エンジン「A9」を発表。
グーグル;上場。大規模な買収。TiVoを買収する。

◆2005年
マイクロソフト;グーグルに対抗しフレンドスターを買収。

◆2006年
グーグル; TiVo、ブロガー、Gメール、グーグルニュース、そして検索関連のすべてを統合。あらゆる種類のメディアを保存・共有するための無限大のストレージ容量と帯域幅を提供する万能プラットフォーム「グーグル・グリッド」を発表。誰にとっても、メディアを作り出すと同時に消費することがこれほど簡単にできたことはなかった。

◆2007年
マイクロソフト;グーグルの増大する挑戦に対して、ソーシャル・ニュース・ネットワークおよび参加型ジャーナリズムのためのプラットフォーム「ニュースボットスター」を発表。

◆2008年
グーグル、アマゾン;マイクロソフトに対抗して合併、グーグルゾンが設立。
『グーグル・グリッドと最高の検索技術』+『ソーシャル・レコメンデーション・エンジンと巨大な商業インフラ』=『1人ひとりの人間関係、属性、消費行動、趣味に関する詳細なナレッジを把握、コンテンツ、そして広告の包括的なカスタマイズを実現』

◆2010年
グーグルゾン;新アルゴリズム、あらゆる情報ソースから事実や文章を抜き出して、それらをふたたび組み合わせ、新しい記事を動的に作り出す。コンピュータが、各人に向けて記事を書く。

◆2011年
ニューヨーク・タイムズ・カンパニー;最初で最後の抵抗、グーグルゾンの事実抽出ロボットが著作権法に違反するとして、同社を提訴。が、グーグルゾンの勝訴。

◆2014年3月9日、
グーグルゾン;「EPIC」を公開。我々の世界へようこそ。

『この”進化型パーソナライズ情報構築網(EPIC)”は、雑多で混沌としたメディア空間を選別し、秩序立て、そして情報配信するためのシステムである。ブログの書き込みから携帯カメラの画像、映像レポート、そして完全取材にいたるまで、誰もが貢献するようになり、その多くが対価を得るようになる。記事の人気度により、グーグルゾンの巨額の広告収入のごく一部を得るのだ。
EPICは、消費行動、趣味、属性情報、人間関係などをベースに、各ユーザー向けにカスタマイズされたコンテンツを作成する。
 新世代のフリーランス編集者が次々と生まれ、人々はEPICのコンテンツを選別し優先順位をつけるという能力を売るようになる。
 私たちのすべては多くの編集者を購読するようになる:EPICでは、彼らが選んだ記事を好きなように組み合わせることができる。最高の状態では、EPICは、見識のある読者に向けて編集された、より深く、より幅広く、より詳細にこだわった世界の要約といえる。
 しかし、最悪の場合、多くの人にとって、EPICはささいな情報の単なる寄せ集めになる。
 その多くが真実ではなく、狭く浅く、そして扇情的な内容となる。
しかし、EPICは、私たちが求めたものであり、選んだものである。そして、その商業的な成功は、報道倫理のためのメディアと民主主義をめぐる議論が起こる前に実現した。』

◆2014年の現在
ニューヨーク・タイムズ紙;グーグルゾンの支配に対する精一杯の抵抗として、オフラインとなった。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以上、覚え書き程度に…
スポンサーサイト
【2005/11/14 12:09】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






<<『BEEF or CHICKEN』;TERIYAKI BOYZ | Top | 『ビフォア・サンライズ』&『ビフォア・サンセット』;リチャード・リンクレイター  ★★★☆☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nmat0708.blog32.fc2.com/tb.php/27-cce8dfd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。