スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






東なんとかとかユニクロなんとかとか | ぐだぐだとか
◆東なんとかさんの話が話題みたいですね、、
次期総裁がどうとかというはなしで。

でも自分的には『自民党のマニフェストに「全国知事会のマニフェスト」を盛り込むこと』を要求した点の方にむしろ政治家としてのしたたかさ、というか、本気さを感じ取れます。

総裁の件は、ワイドショネタ的に面白そうでインパクトがある感じなので、コトバだけが一人歩きしてる感があります。
が、全国知事会云々を持ち出したことで、見事に地方を代表している感じになりましたね。
それに本人的には、地方ありきの国政の発想で(、、というより国がなんにもしてくれないから)、上記のような発言になったのではないかな。県民に対しても説明がたちますし。
こがさんは人物を少し見あやまってましたかね?

総裁はともかく地方ありきの・・は本気ですね。
おじょうず。


◆UNIQLO CALENDAR.
http://www.uniqlo.com/calendar/

これなんだかずっとみていたくなります。

何かの記事で、杉本博司が、‘20世紀でメディアとしての写真は死んだ’、とかなんとかいっていたが(気がしますが、、)、写真を手段とした新たな表現は日々生まれているのですね。

21世紀の写真(≒アート)は、よくもわるくもどうしても刹那的なイメージがまとわりつきますね。。
(詳細な説明は割愛です、、と。。)



【2009/06/25 23:21】   トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






『流刑地にて 他』;フランツ・カフカ  ★★★★★ | ぐだぐだとか
『流刑地にて(カフカ・セレクション (2)運動/拘束 に収録)』

『流刑地で行なわれる、奇妙な機械を用いての死刑執行。その機械は、「ベッド」「馬鍬」「製図屋」と呼ばれる三つの部分からできている。ベッドに縛りつけられた囚人を、馬鍬に取り付けた針が、製図屋の指図のままに刺し、刻んでゆく…。』

カフカ・セレクション 2 (2) (ちくま文庫 か 13-3)カフカ・セレクション 2 (2) (ちくま文庫 か 13-3)
(2008/09/10)
フランツ・カフカ

商品詳細を見る


 カフカの作品の中では一番面白いんじゃないかなと。自分的には『変身』よりも好きですね。
『海辺のカフカ』の中でも、田村カフカくんや大島さんがこの『流刑地にて』に言及していますね。
流刑地で行なわれる死刑執行で用いられる奇妙な機械。
この死刑執行機械の構成についての偏執的なまでの描写を軸に、執行人、囚人、傍観者など数人の登場人物のみの奇妙な掛け合い、漫才的な躍動感で物語が進んでいく。
当然、カフカらしく念には念を入れて徹底的に不条理に締めくくられているわけですが、笑。
カフカ的なるものは説明が難しいですね。
なので、説明はこのぐらいで、笑。
まあ、とにかく面白いということで、と。。

私が読んだ『流刑地にて』が収録されている短編集『カフカ・セレクション (2)運動/拘束』には、他にも『最初の悩み』、『ある断食芸人の話』など、奇妙で不条理だが(だからこそ!?)どこか滑稽な短編がてんこ盛り。

お勧めです、『流刑地にて』だけでも読む価値ありです。
(ただし、あまり深く考えずに読むこと!)。

【2009/06/22 22:47】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






再起動 | ぐだぐだとか
またちょっと書こうかなと思ってます。
ではまた。。。
【2009/06/21 21:33】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






開花丼とか | ぐだぐだパート2

今日のランチ、とある官公庁に行ったのですがそこで【開花丼】なるものを発見しました。

まあ、簡単に言えばすき焼き丼(明治の文明開化的な感じ)みたいなものです。

んで、そこにコメントが書いてあったのですが、、

【牛肉をたまごで閉じました】っっと、、、、、、開花丼なのに。。

 


それから、新年明けましておめでとうございます
*^ ^*
  generated by feedpath Rabbit
【2008/04/08 11:28】   トラックバック(0) | コメント(0) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






久しぶりとかブンブクとか、あと少し自転車とか | ぐだぐだパート2
久しぶりですね。
最近?と書き込みしてませんでしたが、、

◆変った名前の生き物、、うにの仲間らしいのですが。。。
ヨーロッパタヌキブンブク;
たぬき

たぬきとかブンブクとか、、なんか茶釜っぽいですね、笑。

◆僕も自転車買いました!
自転車通勤にチャレンジしようかと、あはは。

じて

今日、買った店から家まで走ったのですが、かなり疲れましたよ~
今、脚がガクガクで生まれたての子じかみたいになってます♪
通勤距離はもっと長いですが、、、ちょっとづつがんばってみようかと思ってます。
でもさすがに、走ってる時はなかなか爽快でやっぱり楽しかったな!
ボチボチがんばろうっーと。


久しぶりの書き込みなのにゆる~くて申し訳ないですが。。
では。
  generated by feedpath Rabbit
【2007/09/09 22:18】   トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






『博士の愛した数式』;小川 洋子  ★★★☆☆ | 映画・小説レビューとか

Amazon.co.jp

   1990年の芥川賞受賞以来、1作ごとに確実に、その独自の世界観を築き上げてきた小川洋子。事故で記憶力を失った老数学者と、彼の世話をすることとなった母子とのふれあいを描いた本書は、そのひとつの到達点ともいえる作品である。現実との接点があいまいで、幻想的な登場人物を配す作風はそのままであるが、これまで著者の作品に潜んでいた漠然とした恐怖や不安の影は、本書には、いっさい見当たらない。あるのは、ただまっすぐなまでの、人生に対する悦びである。

   家政婦として働く「私」は、ある春の日、年老いた元大学教師の家に派遣される。彼は優秀な数学者であったが、17年前に交通事故に遭い、それ以来、80分しか記憶を維持することができなくなったという。数字にしか興味を示さない彼とのコミュニケーションは、困難をきわめるものだった。しかし「私」の10歳になる息子との出会いをきっかけに、そのぎこちない関係に変化が訪れる。彼は、息子を笑顔で抱きしめると「ルート」と名づけ、「私」たちもいつしか彼を「博士」と呼ぶようになる。

 

   80分間に限定された記憶、ページのあちこちに織りこまれた数式、そして江夏豊と野球カード。物語を構成するのは、ともすれば、その奇抜さばかりに目を奪われがちな要素が多い。しかし、著者の巧みな筆力は、そこから、他者へのいたわりや愛情の尊さ、すばらしさを見事に歌いあげる。博士とルートが抱き合うラストシーンにあふれるのは、人間の存在そのものにそそがれる、まばゆいばかりの祝福の光だ。3人のかけがえのない交わりは、一方で、あまりにもはかない。それだけに、博士の胸で揺れる野球カードのきらめきが、いつまでも、いつまでも心をとらえて離さない。(中島正敏)

 

出版社/著者からの内容紹介

記憶が80分しか持続しない天才数学者は、通いの家政婦の「私」と阪神タイガースファンの10歳の息子に、世界が驚きと喜びに満ちていることをたった1つの数式で示した…。頻出する高度な数学的事実の引用が、情緒あふれる物語のトーンを静かに引き締め整える。著者最高傑作の呼び声高い1


久しぶりにPCをつけたので書いてみます(数ヶ月ぶりですが。。)。

なかなか面白かったですね。

『数』や『数学的なもの』の美しさや記憶を失いつづける『博士』の純粋さと儚さなどもさることながら、この作家さん、大変美しい文章を書きますね。ほんの些細なことについての細部にわたる描写がこの小説の世界に透明感のある着色を施している感。
美しい文章というバックグラウンドがあるからこそ『数』や『数学的なもの』の美しさが引き立て居る感じがあります。

はまったって感じ。

あんまりよんだことがない作家さんなのでもう2、3冊読んででみようと思います。

(密やかな結晶、を読んでみたけどもうひとつってかんじだったな。。。
次は、芥川賞をとった、妊娠カレンダー、でもよんでみようかな。。)

  generated by feedpath Rabbit
【2007/05/08 23:44】   トラックバック(0) | コメント(2) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






膨張する時間たちとか、あとちょっとマグカップとか | ぐだぐだパート2

でも、忙しいからとっいって気持ちばかりが焦ると逆に時間が過ぎるのが早くなり、しかもやるべきことができなかったりする。
んで、またあせる。
忙しい時こそ心を落ち着かせ、間延びする刹那な時間の流れをねじ伏せる。

昔から時間にメリハリをつけたいと思うことが多かった。
かといって、やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ、、、、みたいな、ドラマに出てきそうなできる男風、なのはあんまり好きじゃないね。、、なんか不自然だし、、型にはまったイメージに自分を合わせていくのには抵抗がある。もともと天邪鬼なところがあるので、『自分が考える自分、以外の自分』、、になりたいと思ったりするから。
自分はこうなりたい、と思うのは大事だと思う反面、、予想外の自分のための余白は絶えず残しておきたい、、と。
もっと自然にやりたい、、仕事も遊びもヒトくくりにして自然に振舞いたいですね。

仕事とかに集中している時間は、全体としてはあっという間に過ぎてしまうのだけど、取り組んでいる瞬間は時間が止まっているように感じたりすることがある。、、気がつくと、あっ、もうっこんな時間??って具合にね。そんなときは、心地いい疲労感が体の芯に残って気持ちよかったりね。

◆ところで、私は仕事中、良くコーヒーを飲みます。
あついコーヒー。
んで、仕事に集中してる時は、折角、熱いコーヒーを淹れても、
仕事に集中している間に冷めちゃう。
でもって、仕事とかに集中していると、時間の感覚がなくなるので、
熱いコーヒーのつもりでぐびっと飲んだのに、もうさめてるので、
マズー
マズー

となる。
んで、またコーヒーを淹れなおす。
んで、また冷える。
んで、またコーヒーを淹れなおす。
んで、たくさんお湯を使う。
んで、たくさんお湯を沸かす。
んで、たくさんお湯を沸かすために電力大量消費。
んで、発電所でたくさん発電。
んで、火力発電で二酸化炭素たくさん出る(って本当はあんまりでないのかな??)。
んで、地球温暖化!!

やっやばい。。。

ってことで、保温性のよいマグ、サーモマグ買いました!!!

lll


『できる男』は環境にも優しくないとといけないので、、、(笑)

でも、気に入ったのを探すのはなかなか難しいですね。。
あまり気の利いたのがないし。
基本的には取っ手がなくて手になじむもの、
モノとしての重量感、存在感(といってもデコラティブなのはイヤ)があるモノがいいんですがね。


◆まったくもってとりためないです。
しかもオチもなし(´ー`)

  generated by feedpath
【2007/01/29 01:04】   トラックバック(0) | コメント(1) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






Back | Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。